2011年01月24日

初めて銀線でケーブル作ってみた(´ω`)

こんばんわ、大天狗庵です、よ。

前々から気になってたHGA SC-4 Customでmini to miniケーブルを作成してみました。




HGA_SC_4_01_s.jpg
お店からこんな感じの袋にケーブルが入って送られて来たよ(゚∀゚)


4芯だったのでLRに1本づつ、GNDに2本でやろうかと思ったのですが今回はLRに2本、GNDに2本でやってみることにしました。というわけでコレ。やはり硬いので前回の反省すら忘れて厚くタオルでくるんでペンチでガシガシやってしまったためにケーブルの被覆が傷んでしまいました。パッと見はなんともなさそうなんですが触るとザラザラします。鮫肌。やはり素手にてつかまつらねば。

プラグはいつものオヤイデ謹製 P-3.5 SR、ハンダはプラチナゴールドニッカス101で。今回はあたり前なんだろうけどもプラグに予熱と予備ハンダをしたらいつも以上にかなり作業がすんなり行きました。




HGA_SC_4_cb01.jpg
やっぱり単線だから硬いっちゃ硬い。


バーンインは累計100時間経過しています。この線はあまりバーンインしてなくてもそれなりに音が出てるような気がします。銀線だと低音があまり出ないということらしいのですがSC-4はそうでもないと思います。他の銀線を比べた訳ではありませんが。意外と柔らかい音が出るかなと。音の曖昧さがあまりなく高音はかなり伸び、中高音がガッチリ前に出る感じです。低音は程良く締まっています。CV4.3と比べると全体的に締まった音が出るせいか若干音場が狭い気もしますがそれほど気にする程でもないかと思います。あと定位がかなりハッキリします。

高音のキラキラした音が佐倉紗織の曲にマッチしてかなりギモッヂィィ!!


次はオーグライン0.4mmでLRに2本づつ、GNDに2本の構成でmini to miniケーブルを作成してみようかと思います。

毎度思うけど、なかなか言葉で表現しにくい。ホントのトコロ、音が高い低いってわかってないような気がするんですがこんな感じってことで許しておくんなまし、兄弟。
posted by 大天狗 庵 at 13:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Audio:PHPA系

2011年01月21日

IE8のリケーブルしてみた。

ハイホイ( ´・∀・)ノ ハーィ! こんばんわ、大天狗庵です。

最近マジ寒いですね。だけどZHW(Zippoハンディウォーマー)があれば温かヌクヌクでござるよ! 万能文化猫娘だよ! 誰だよ! そういやFF11やってないだけで微妙にうちの人に微妙な物言いをされる他人からは嫁扱いのわしですがいかがお過ごしでしょうか。

前置きはさておき、去年のコミケ前にヤフオク入手したIE8のリケーブル用のケーブルdesu。




ie8cable01.jpg
こんな感じのケーブル。かなりいい感じだとおもうます。


オークション説明の引用
・高品質のPCOCC(単結晶状無酸素硬銅)+OFC(99.996%無酸素軟銅線)を使用したケーブルとなります。(GNDはMOGAMIの別線)

ほかにもKPPV-SW 13/0.08x1CやMOGAMI 2526もあったんですが単純にお値段高いほうを選んでしまったワケで。自作してもよかったんですがどうもコネクタを自作して成功させる自信がイマイチなかったのでちょっと参考にさせていただこうというイヤらしいココロも含めて購入致した次第でござるよ、兄弟。イヤーフックにワイヤーを入れてもらい、プラグはオヤイデP-3.5 SRで作成していただきました。今思えばL型にしてもらえばよかったかと思ったけどこれでも。

音は銅線らしく低音の響きがとても心地いい。高音も程良く出るし中高音が結構前に出る感じ。大げさかもしれないけどIE8のレベルが1、2段上がったようである。一応バーンインには累計150時間はしております。やはりリケーブルにより解像度があがったせいかソースの粗がわかりやすくなったりしてます。ノーマルIE8は比較的ソースの録音悪くてもいい感じに聴かせてくれるのですがここらへんは仕方が無いというところでしょうか。

自分的な結論としてはIE8の音が好きならこのリケーブルはYesだね! と言えます。友人からおまいのいうところのIE8はブラウザじゃないってことだけはわかった。と言われちゃうくらいIE8大好きっこなのでございました。IE8の音が好きならマジオススメ。
posted by 大天狗 庵 at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Audio:PHPA系

2010年12月18日

ヘッドフォンブック2011買った!

どうも、( ノ゚Д゚)こんばんわ、大天狗 庵です。ヘッドホンファン待望の? ヘッドフォンブック2011が発売されたので今更ながら買ってきましたよん。初回特典封入でファイナルオーディオデザインのピアノフォルテIIの未発売の兄弟機ピアノフォルテが付いてる! DOKKAN DOKKAN ツイてる! DOKKAN DOKKAN はえてる♪ というわけで画像を貼ってみる。


headf_book.jpg
なんか端に見えるけど気にしない!(´ω`)




pianoforte01.jpg
で初回封入のファイナルオーディオデザインのピアノフォルテですがこんな箱に入ってますた。




pianoforte02.jpg
量販店での吊るしてあるタイプみたいなパッケですが付録としては十分過ぎる豪華さと思うのは言いすぎだろうか。




pianoforte03.jpg
更に空けてみた。


肝心の音のほうですがファーストインプレッションとしてはやはり値段なりといいますか全体的にモコモコします。でもバーンイン前なので評価としてはあまりあてにならないので気にしない方向性で(´ω`) 目立つのは中高音、中低音かなーと。結構ボーカル特化っぽいというか声がとても近く聴こえます。女性ボーカルなんていいカンジに聴こえます。意外と解像度は高いんじゃないかと。


結構ハウジングが大きいので耳に入らない人もいるかもしれません。わしは特に問題なかったです。イヤチップを何とかしてつけたりすると音が変って面白いです。装着している位置で音が激変する場合があるので色々ベストポジションを探すのが良いと思います。


人に薦められたので試しにUEのTF10Proのイヤチップつけたんですが中高音がやたら伸びて耳にズギュっとくる感じになっておお、面白いなんて。低音重視の方には向いてないかなーとは思います。でも値段からするとかなり良好なイヤホンではないかと思います。冊子のお値段の9割これの値段なんじゃないのと。


音場重視なイヤホンかなーと。わしは雑食なのであまり使い分けとかしないのでアレですが。女性ボーカル、あまり音の数が大きくない生音系は結構いい感じに聴けるんじゃないかと。打ち込み系はあまり向いてない気もします。


そんなカンジでヘッドホン・イヤホンファンで初回の付録付きだったらヘッドフォンブック2011即ゲットですぜ、兄弟。
posted by 大天狗 庵 at 14:04| Comment(0) | TrackBack(0) | Audio:PHPA系

2010年12月16日

アッテネータを作ってみた(´ω`)

こんばんは、大天狗 庵です。あいかわらずオーデオネタでございます(^ω^)

さてはてなんとなくT51が欲しいなーと思って情報を集めてみたところラインアウトの出力が大きすぎるということなのでアッテネータを作ってみようかなってことでコレまた色々情報を集め、APureSoundに売ってたコレを見てもしかして小さいサイズで余計なことせずにできるんじゃあないかと思い立ってやってみました。

材料はAUDIOTRAKのWebストアで売ってるクライオ処理済みのSwitchcraft 35HDNAUとマルツや千石で売ってるマルシン製の3.5mmステレオミニジャック MJ074N、Bispaオリジナル抵抗 LGMFS 100Ω、ハンダはプラチナゴールドニッカス101


こんなカンジで組んでいきました。
atte01.jpg
MJ074の樹脂部分を削って大きすぎて入りきらない部分を調整。その後、プラグのケースの長さに合わせてジャックのGNDとプラグのGNDをハンダ付けしています。ハンダヘタ過ぎ。




atte02.jpg
35HDNAUに付属の絶縁用のチューブをかぶせます。




atte02_01.jpg
プラグの中にねじ込んでさらにジャック側のナットをしめます。完成!




atte04.jpg
3MOVEに接続




atte03.jpg
もうちょっと近づいてみる


3MOVEのギャングエラー対策にもなって作ってみてよかったかなーとは思ってます。ただ接続部分が増えるので音質劣化につながってる部分もでるのでなんとも言えませんが。IE8で聴いた限りではインピーダンスが上がったせいか全体的に音が締まって聴こえます、特に低音が。わしの耳はunkなのでなんとも言えませんが音の劣化は少ないんじゃないかと思います。あとプラグがSwitchcraftじゃなくってオヤイデので同じものがあれば嬉しいけど無理だよねーデスヨネー。

X10にアッテネータかますと結構良くなるなんておはなしも聞いてますのでちょっと試してみようかと思ってます。誰か貸して!www

さて、またバーンインするぜよ。
posted by 大天狗 庵 at 10:47| Comment(0) | TrackBack(0) | Audio:PHPA系

2010年10月30日

もう一本ケーブル作った

Zonotone 6NSP-4400Sでmini to miniケーブル作ったお(^ω^) 中の線材取りだしてちくちく作成しますた。材料的にはオヤイデで売ってたロジウムメッキのAP3.5-301SSRっていう3.5ステレオミニプラグ、ケーブルはZonotone 6NSP-4400S Meistar ハンダはプラチナゴールドニッカス101

最初切り出す長さを間違いやり直し。2度めは長さはOKだったんだけどケーブル自体に方向性があるのに途中で気がついてやり直し。適当に取りまわしていたのでどっちに入力方向なのかわからなくなったという('A`) ケーブルの一番外側のビニールっぽいやつには方向かいてあるんだけど中の線にはCV4.3と違って書いてないのですよ、兄弟(´・ω・`)

やっぱり硬いンですよ、ケーブル。

6nsp_4400s-01.jpg
編んだケーブルの径がギリギリぷりんだったのでガリガリしてしまいぼろんぼろんに(´・ω・`) どーしていつもそうなのさ! くっそお、次は頑張る!! 次やる場合はツイストで作る。色合い的に白青赤のトリコロールカラーだとフランスとかガンダムです! とか言えそうだがこれだとベルギー的な色合いかの。あと逆転王っぽいカラーリング( ´ω`)

このケーブルは6N高純度無酸素銅、純銀コートHigher-OFC、PCOCCを組み合わせた線らしいですが音の傾向はバーンイン前の印象としてはCV4.3をマイルドにした感じかなー。CV4.3みたくこうなんだ、聴けッ! オラァ!!って感じはないです(悪い意味ではない。

バーンイン前で変なクセっぽいのがあるとするなら高音域の妙なザラっとした感じだけかな。慣らしてけばたぶんなくなるとおもうます。でもとても聴きやすい音なので最初試聴した時30分くらいぼーっとして聴き入ってしまったほど。Dockケーブル作成には向いてないけどスピーカーとかラインケーブルならかなりオススメできると思います。コストパフォーマンスという点でもかなりいいケーブルじゃないかなー。

さて、つぎはLRにCV4.3でGNDにオーグラインつかったケーブルつくるぞ(`・ω・´)
posted by 大天狗 庵 at 11:58| Comment(0) | TrackBack(0) | Audio:PHPA系

2010年10月28日

Dock用のmini to miniケーブル作った。

新しくPHPA用のmini to miniケーブル作りたくなったので以前より気になっていたAudioQuest CV4.3で作ってみた。プラグはオヤイデ謹製P-3.5SR ハンダはプラチナゴールドニッカス101で。

CV43_01.jpg
LRにBASS線 GNDにTREBLE線を、そしてあまりの線の硬さにわしの指が泣いたwww

マジですごい硬いン。他の方が作成した物を見る限りそんなにきつく編みこんでないようですね。やり過ぎたのか(゚Д゚)! 実はコレ一回失敗してまして、最初あまりの硬さにペンチでケーブル絞ってたら被覆がクラックしてしまったのでもったいないけど捨てたのですうへえ('A`) 仕方ないので素手にてつかまつった。おかげで指wがw死wぬwww

ケーブルは秋淀で買ったのですがCV4.2と4.3両方ともあって4.2の方が若干安かったです。でも被覆にプリントされてる文字は同じと言う不思議! あと一緒にZonotone 6NSP-4400Sも一緒に買ったんですがこいつはまだ手をつけてないというか被覆剥がしてあまりの太さにプラグを別途用意しないといけないのでまだ放置。あとこいつも硬いのでやはり苦戦、指が痛いお(;^ω^)

肝心の音と言いますとわしが言うより他の方のレビューを見るほうがいいんじゃないのかとおもうけど、一応。試聴環境はiPod nano>AudioQuest CV4.3>3MOVE>Sennheiser IE8でござーす。

バーンイン無しで聴いた感じはまずワイドレンジ、かつパワフル。でもその力強さにマスクされず細かい音も聞こえる。曲の空気感が良くでるケーブルかなーと。高音は程よく伸び、しっかり中高音が出る。低音は広くつつみこむように広がるが散漫にならず芯がきっちりある感じでグイグイくる感じがいい。

生音系の曲だと弦楽器の響きとかすごくいい。打ち込み系よりそっちの方がより良さを味わえる気がした。Pure -AQUAPLUS LEGEND OF ACOUSTICS-をこのケーブルで聴いたんだけどコレがすごく良くってちょっと感動して涙もらすというあるさま。ただバーンインが進んで無いのでどう変わるかまだよくわからないので一応こんな感じということで。

今の所打ち込み系ならオーグラインの方がいいかなーとか思ったり。HIGHEND LINE 4.8Sのケーブルがかすんでしまう恐ろしさ。素晴らしいとしか言えない。やっぱりみんな評価するだけあると。あとは6NSP-4400SとLRにBASS線、GNDにオーグライン0.4mmを2本ツイストしたやつで作ってみようかなとか。
posted by 大天狗 庵 at 13:40| Comment(0) | TrackBack(0) | Audio:PHPA系